HOME » マッサージの資格が活かせる仕事ピックアップ » リンパドレナージセラピスト

リンパドレナージセラピスト

医療分野でも活躍できるリンパドレナージセラピストになるには?必要な資格(スキル)、主な就職先、おすすめスクール情報などをまとめています。

リンパドレナージセラピストになるには~必要な資格とスキル

リンパドレナージセラピストとはリンパドレナージュというとエステの痩身などで有名な施術ですが、もともとはガン患者のリンパ浮腫を改善するための自然療法でもあります。「リンパ浮腫療法士」という民間の資格もあり、きちんと習得すれば医療現場でも働くことができる注目の職業なのです。

リンパドレナージセラピストの主な仕事は、リンパの流れを促す独自のケアでむくみや疲労などの症状を改善に導くこと。

施術は主にマッサージとバンテージ法の2種類を組み合わせて行います。

マッサージ(リンパドレナージュ)は、体の中心部に向かって優しくさするような手技が特徴。一見かんたんそうに見えても、実際は患者がどこのリンパ節を切除したかによって、マッサージの流れや手技が細かく決められているのだそう。

その他にも、バンテージでの的確な圧のかけ方、リンパ浮腫の症状についてなどの医学的な知識も必要となってくるため、資格試験をクリアするのはやや難しめと言えるかもしれません。

受講には医療系国家資格の取得を条件にしているスクールもあるため、講座を受講する際は事前に確認してみてください。

卒業後の主な就職先

リンパドレナージセラピストになったら、主に以下のような職場で働くことができます。

<リンパドレナージセラピストの主な就職先>
病院、リハビリセンター、介護・福祉施設、リラクゼーションサロン、美容サロン、整体院など

上記で紹介した「リンパ浮腫療法士」の資格を持っている方は、病院やリハビリセンターなどの医療施設や、開業した自分のサロンで施術を行う方が多いようです。

一方、バンテージを使わないリンパドレナージュ(マッサージのみ)の場合は、リラクゼーションサロンなどで普通に働くことも可能。ただし、リンパドレナージュのみですと就職の幅は狭まってしまうため、整体などのマッサージ技術と一緒に習得するのがおすすめです。

以下に、東京で「リンパ浮腫療法士」の資格が取得できるスクールと、整体やリンパドレナージュが総合的に学べるスクールをピックアップしたのでぜひ参考にご覧ください。

リンパドレナージセラピストを目指す人におすすめのスクール

  • フランシラナチュラルセラピストスクール

リンパドレナージュ・メディカルコース ※リンパ浮腫療法士の資格取得が可能
所在地:東京都渋谷区広尾1-3-18広尾オフィスビル2F
アクセス:JR恵比寿駅より徒歩5分

  • ウィルワン整体アカデミー

整体プロフェッショナルコース ※カリキュラムにアロマリンパドレナージュの講座もアリ
所在地:東京都渋谷区代々木1-21-10インターパーク代々木8F・9F
アクセス:JR代々木駅より徒歩3分